鉄道総合館へようこそ
京浜東北線E233系1000番台

京浜東北線E233系1000番台情報


本日も鉄道総合館をご利用くださいまして、 誠にありがとうございます。
209系0番台の置き換えとして2007年12月22日より
営業運転を開始したE233系の1000番台です。
6ドア車両は連結されていません。
中央線との違いは、液晶の大型化・半自動ドア撤去などです。

前面
京浜東北線E233系1000番台です。
色彩様からいただきました。ありがとうございます。

前面
京浜東北線E233系1000番台です。
前面は、上部に行き先/路線名、下部に列車番号を表示します。

前面
写りがあまりよくないですが、路線名表示です。

液晶
大型化され見やすくなった液晶です。

液晶
左側にはニュースやクイズを表示します。

液晶全体
このように大型液晶が並んでおります。

ドアー
ドアは中央線快速電車用とほぼ同じです。

座席
青い座席を採用しています。

優先席
優先席では、つり革や手すりを黄色くし、
目立たせております。

SOS
SOSボタンももちろんついております。

つり革
優先席付近は黄色、その他の場所は黒です。

外観
E233系を外から見た様子です。
最初は見ると209系500番台と勘違いするかも!?

ドア付近
ドア付近にもつり革が多数あります。

運転台
E233系シリーズでは、すべてが液晶です。

番号
ウラ102編成でした。

ドアのした
ドアの下には、水戸支社同様、滑り止めが!

急停車
急停車に関するご案内が書かれています。

E233系から
E233系から見た209系です。

新車同士のすれ違い
大井町駅で、E233系同士がすれ違いました。

液晶
次は上中里。

液晶
つぎは かみなかざと。

液晶
次は 上中里 所要時間も英語表記あり。

inserted by FC2 system 1